不動産売却でする媒介契約の種類

不動産の売却は個人でするのは難しいので、不動産会社と媒介契約を結んで不動産のプロに代わりにしてもらうのが普通です。
媒介契約をすれば、契約をした不動産会社がネットや情報誌などでマンションや一戸建ての販売活動をしてくれます。
また、優秀な営業マンがいる不動産会社なら、しっかりと販売戦略を立てて、独自のノウハウや販売ルートを駆使してできるだけ高く売却してくれます。
売り主は「物件の内覧をしたい」という問い合わせがあったら、いつでも見学できるように綺麗に整理整頓しておくことが大切です。
媒介契約には、一社だけと結ぶ専任媒介契約と専属専任媒介契約、複数と結べる一般媒介の三種類があります。
専任媒介や専属専任媒介は、自社だけで取り扱っている不動産なので、頑張って営業活動をしてくれます。
一般媒介の場合は複数の不動産会社に媒介を依頼できます。
沢山の会社のホームページに売り出し情報が掲載されるので、高い広告効果があります。